水戸工業株式会社
文字サイズ
TOP事業PRODUCTLINCOLN製品
製品案内
商品個別詳細ページ
自動給油脂システムLINCOLN製品
 弊社は、世界的な自動給油脂装置メーカーであるリンカーン社製の商品をお客様にお届けし、給油脂の自動化によって、省力化、メンテナンスフリー化、装置・機器の寿命の向上に貢献したいと考えております。
自動給油装置

建設機械

コンベア装置

コンベア装置

リンカーン社の自動給脂システムは、マイナス25度Cの極寒地でも固いグリース(NKGI#2)の自動給脂を実現し、建設機械のベアリングを理想的な状態でガードします。
製品分野として
  • 自動給脂システム(グリースの供給)
    • クイックラブ(Quicklub)…小供給量、小規模用
    • セントロマチック(Centro-matic)…大供給量、大規模用自動給油システム(オイルの供給)
  • オルスコ(ORSCO)…オイルの噴霧があります。

自動給脂システム
リンカーンの自動給脂システムは、過酷な作業環境でも、グリースの自動給脂を実現します。
また、作業者が給脂がしにくい給脂箇所にも確実に給脂を行い、機械の稼動率を向上させることが出来ます。
建設機械の場合、稼動中は水や泥、ホコリに加え高荷重が掛かり過酷な環境で使用されます。
従って、常に厳しい条件下で稼動しているベアリング部には、適切なグリースの供給が欠かせません。
そこで機械の稼動中に定期的に給脂をすることが、建設機械の耐久性を大幅に向上させます。
また、作業者が毎日給脂作業を行うことは、給脂時間の分だけ機械の稼動率を低下させますが、給脂の自動化を行うことで、機械の稼動率を向上させることが出来ます。

自動給脂システムの用途は様々な分野に適用できます。

建設機械、産業車両、射出成形機、鍛圧装置などの産業機械、風力発電機

リンカーンの自動給脂システムは機械の特性に合わせて、各種の自動給脂システムを用意しています。
  • クイックラブ
  • セントロマチック
これらのシステムは、下記の表(クイックラブ・セントロマチック比較表)のようにそれぞれの特長がありますので、機械や装置に見合ったシステムをご利用いただけます。
クイックラブ・セントロマチック比較表

クイックラブシステム
比較的にグリースの消費量が少ないシステムに最適なシステムです。
グリースタンク容量:2L、4L、8L
駆動電源はDC24Vが標準です。AC電源の場合はAC/DCコンバータで対応します。
  • 最大吐出圧力…35MP (357kgf/cm2)
  • 最大吐出量…2.4CC/min×2口 (於20℃)
グリースタンク2Lのポンプで連続回転で約14時間の連続運転ができます。

セントロマチックシステム
大型建設機械・鉱山機械用としては、リンカーンセントロマチックシステムを用意しています。
グリースタンク容量 20リットル 40リットル 200リットルの3種類を標準的に用意しております。
  • 最大吐出圧力…34.1MPa (352kgf/cm2) 通常の使用圧力は250kgf/cm2とします。
  • 最大吐出量 …270CC/min × 1口 (於20℃)
駆動方式は下記の3種類から選択できます。
  • 油圧・・・圧力は3.2MPa(33kgf/cm2)以下で使用してください。
  • 空気圧・・レギュレターの圧力は0.49MPa(5kgf/cm2)以下で使用してください。
  • DC24V

自動給油システム (ORSCO スプレイシステム)
定期的なオイルの供給が必要な場所へ超微量のオイルを吹き付ける装置です。
ノズルから供給されるエアーとオイルの量を調整することにより、わずか0.015ccのオイルを最大240秒間連続して吐出することが可能です。

従来の滴下方式やオイルミスト方式とは全く異なった新しいシステムです。

過剰なオイルを供給することによる作業環境の汚染防止や製品の品質を向上させられます。
最適な量のオイルを供給することにより、確実にオイルの消費量を削減できます。
エンジン組立工場、搬送設備等で採用されています。
主な使用例
パルス方式で
  • 塗装工場でのハンガーコンベアの潤滑に
  • エンジン等組立工程での微量なオイル塗布に
連続方式で
  • セミドライカッティングの工程にも
  • 金属加工、鍛造プレスの現場でも
  • 高速スピンドルの加工現場でも

ここが凄い! ORSCO Spray System
  • 超微量のオイルを対象物へ均一に吹き付けることが可能。
    例えば…0.015ccのオイルを長時間途切れることなく均一に吹き付ける。
  • 適正量のオイル供給により搬送チェーン大幅な寿命延長。
  • オイル消費量の激減
  • 幅広い範囲のオイルまで使用可能です。(動粘度10mm2/s~440mm2/s)
  • 本体一台に対し最大16個のスプレイノズルが使用可能。(170シリーズ)
  • スプレイパターンは連続と間欠があり使用箇所に合わせて設定が可能。
  • スプレイノズルの形状によってスプレイパターンを変える事可能。
  • スプレイノズルは数百種類の中から選定することが出来ます。(特注可能)
  • オイルミストにならない為、作業環境汚染、人体への悪影響を解決します。
  • オイルの使用量を最大限に削減できます。(メンテナンスの時間も大幅に削減できます)

自動給油脂システムのメリット
1. ムリな作業の排除
ムリな姿勢・ムリな場所・危険な箇所・悪天候などムリな条件を解決
2. ムラの排除
給脂の間隔・量及び回数のムラ・給脂忘れの防止
3. ムダの排除
工数・グリースのムダ使い・突発故障の発生によるムダの減少

自動給油脂システムによる期待効果
1. 安全の確保
危険作業の回避(高所・狭所・滑落など)
2. 作業性の改善
困難な箇所・多数・頻繁な給脂を改善
3. 保全性の向上
水・埃・砂塵の浸入防止及び確実な給脂による寿命の延長・計画整備の容易化
4. コストの削減
管理費・修理費の低減及び突発故障減少による損失の削減

クイックラブシステムの概略
クイックラブシステムの利用方法
セントロマチックシステムの概略
骨材プラント工程の例
クイックラブ分配弁動作説明

セントロマチック分配弁説明

  このページのトップへ